近年は空き家が急増|失敗したくない気持ちがあるならマンション経営について勉強する

失敗したくない気持ちがあるならマンション経営について勉強する

男性

近年は空き家が急増

マンション模型

手数料を払いリスク回避

小子化の影響で賃貸住宅の空室率は増加傾向にあり、賃貸不動産経営をしている大家さんは家賃収入が減ってきている傾向にあります。今後もこの傾向は続いていく事が予想されていて、大家さんは対策を迫られています。そこで大家さんの利用者が増えている不動産サービスがあります。委託料を支払う事で管理物件の運営全般を不動産会社に任せて、空室があっても関係なく一定の家賃保証を毎月してくれる家賃保証サービスがあります。このサービスを活用する事で、安定した家賃収入を確実に得る事が可能となります。ただし理解しておいて頂きたい事として、委託依頼をする不動産会社には家賃の十五%程度の委託手数料が取られます。手数料を差し引かれ、残りの分が家賃として支払われる仕組みになっています。

委託すれば大幅な収入増も

賃貸不動産の委託管理による家賃保証のメリットは、空室の部屋が複数あっても家賃が毎月支払われる事です。毎月の家賃収入が安定的に得られるので、ローンを抱えて賃貸不動産経営をされている方などは大きな安心感が得られます。この、家賃保証サービスは大家さんの空室リスクに対する保険的な役割を果たしているといえます。賃貸不動産経営をしている多くの大家さんは個人で経営されていて、経営の知識をあまり持たずに不動産仲介会社に任せきりの方も多いです。不動産仲介会社は入居者の斡旋が主な業務ですので、ずっと空室が埋まらなくても何も手を打ってはくれません。個の為、不動産経営のプロである不動産会社に委託管理を任せる事で、大きな家賃収入アップにつながるケースもあります。